長時間の装着が基本

治療

名古屋でも受けられるインビザラインの強みとして、マウスピース形式なので、歯のブラッシングや食事をしている間は気軽に外せる点が挙げられます。しかし装着しない状態が長く続けば、正しい矯正効果が発揮できません。1日に20から22時間以上付け続けるのが基本なので、必要でない限り取り外さないように注意しましょう。インビザラインは最初に矯正計画を立てて、それに基づいてあらかじめ段階ごとのマウスピースが作られます。そして歯の移動に合わせて新しく付け替える形ですが、もし装着を怠って正しく進まないと次の段階へと進むことができず、完了するまでの期間が長くなる恐れがあります。

取り外しが必須の場合も

歯型を持つ人

名古屋でインビザラインを使っている間も虫歯になったり歯に色が付く恐れはあるため、必要に応じて取り外すことも大切です。特に虫歯の原因になりやすい糖分が多い液体や、着色に繋がるワインやコーヒーを飲む場合は要注意です。

マウスピースのケアもしっかりと

名古屋でインビザラインを受ける際には、基本的なマウスピースケアは使用者が行います。歯に触れる内側を中心に、角までしっかりと洗いましょう。またマウスピースは丈夫な造りではありますが、熱には弱く変形する恐れがあるので、熱湯の使用は避けてください。

広告募集中